選びぬかれた品質

ピュアマリーのために選ばれたダイヤモンド(IIDGR鑑定書付)

選び抜かれたダイヤモンド、だから高品質

ピュアマリーは、あなたの特別な想いにふさわしいダイヤモンドブランドです。
その想いにふさわしくあるために、3つのステップによって品質を選び抜いています。

Step1 トップクラスの原石を選び抜きカットする
Step2 カットされたダイヤモンドは国際基準によってグレーディング(評価)される
Step3 IIDGRでグレーディングされたダイヤモンドを独自基準で選び抜く

選び抜かれたトップクラスの原石から、一流の職人によってカットされたダイヤモンドの輝きには、
永遠という時間が感じられます。

puremarie step 1:トップクラスの原石を選びぬきカットする。2:国際基準による構成なグレーディング。 3:ピュアマリー ブランド独自の基準で選び抜く。

Step1 選び抜かれた原石

ピュアマリーダイヤモンドになることができるのは、トップクラスの原石に限られます。
磨かれていない原石の段階で、研磨後のグレードまでも見極めることができるプロフェッショナルの目によって、
輝きに影響を及ぼす、「かすみ」「くもり」「大きな内包物」がない原石を選び抜きます。

原石

Step2 世界で最も確かなグレーディングは、ゆるぎない品質

選び抜かれた原石からカットしたダイヤモンドは、鑑定機関IIDGRによって、4Cにグレーディングされます。
この4Cの組み合わせが、ダイヤモンドの個性を表現するだけでなく、評価の指標となるため公正さが求められます。

IIDGRは、世界のダイヤモンド市場をリードするデビアスグループのひとつで、ダイヤモンドだけに専念する特別な鑑定機関です。 120年以上にわたり受け継がれる専門性、正確性、ならびに信頼性を重要な要素とし、4CにConfidence:信頼を加えた「5C」という、 独自基準を設けています。

独自の特許機器と最先端技術を用いて、IIDGRの鑑定士によって評価されたダイヤモンドには、世界でひとつの認証番号が与えられ、ダイヤモンドへの刻印とレポートが発行されます。


4C・・・Carat:カラット、Colour:カラー、Clarity:クラリティ、Cut:カットの頭文字
IIDGR・・・ International Institute of Diamond Grading & Researchの略称
グレーディングレポート・・・日本では一般的に鑑定書とよばれます

IIDGR デビアスグループ鑑定機関

Step3 ピュアマリー基準をクリアできるダイヤモンドだけを選び抜く

IIDGR鑑定機関によって、公正にグレーディング(評価)されたダイヤモンドの中から、ピュアマリーの4C基準をクリアするダイヤモンドを選び抜きます。

ピュアマリーの4C基準
Carat:「0.14カラット」以上
Colour:無色~ほぼ無色の「Gカラー」以上
Clarity:傷や内包物が肉眼ではほとんど識別できない「SIクラリティ」以上
Cut:最上級クラスの「エクセレントカット以上」

ピュアマリー基準 PUREMARIE

永遠という時間が感じられる輝きへのこだわり

ピュアマリーダイヤモンドが、エクセレントカット以上を基準とする理由は、見た目の美しさである「輝き」がカットによって決定づけられるからです。

こだわりの輝き IIDGR PUREMARIE

1㎝に満たない小さなダイヤモンドにも、58個の面があります。研磨職人は、そのとなりあう面をひとつひとつ丁寧に仕上げます。たとえば、面を磨き上げる工程で、研磨跡を残さないよう磨きすぎるとフォルムの対称性だけでなく、角度が損なわれ、最上級の評価は得られません。
0.01㎜単位で美しいフォルムに磨き上げるという高い技術のもと、エクセレントカットの評価が得られます。

ダイヤモンドの輝きに感じられる、永遠という時間は、隅々まで手を抜かない一流の手仕事によるものです。天然の鉱物ゆえに個性の異なるダイヤモンド。ひたむきに向き合い、妥協のない研磨と細部へのこだわりにより、誰をも魅了する「ピュアマリーダイヤモンド」になります。

輝きへのこだわり IIDGR PUREMARIE